FC2ブログ

ノア 約束の舟

を見ました。

…チャレンジャブルすぎるというか、このノア、ちょっとクレイジーすぎないでしょうかね…
基本ノアの洪水神話に乗っ取っている筋なのに、神の解釈もややもすると、不信心と言うか、メガテン的というか。
変なおつげにさんざん振り回されて狂人になったあげくに、ノアが最終的に、南の虹のルーシーのおやじさんのような飲んだくれになってもしかたない、これは。
この映画を一言で言うなら、地獄絵図。
中盤以降は、「え?え?これ、聖書の記述に忠実なの???違うよな?」とずっと戸惑いながら見てました。
デビルサマナーソウルハッカーズで工場長をしていたシェムハザはじめ、グリゴリの堕天使が番人(ウォッチャー)という名称で出てくるのも、いろいろ示唆に富んでいます。
豆知識知らない人からは「ロードオブザリングかネバーエンディングストーリーかよ」とつっこまれているようですが、見栄えでだしただけではなく、多分意図はある。

監督のダーレン・アロノフスキーって聞いたことあるなあと思っていたのですが、ブラックスワンやらレクイエムフォードリームの人ですか。さもありなん。レスラーはどうにも好きになれない映画です。

え?これ、ラジー賞候補作だったんですか?見る目がねえな、毛唐はー(暴言)。
正しいだけの神や正しいだけの聖人を見せられるよりは、このわけのわからないお告げを降す峻厳な神とそれに翻弄されてわけのわからない人になっていくノアの方が、より巨大で途方もないものに触れた気になれるような気がします、僕は。
そっちのほうがディザスタームービーとしても面白いし。

この作品のwikiの記述を読んでいましたが、ユダヤ教のラビの反応はとても冷静な評価だと思いました。

神つながりで、イーライ・ロスのサクラメントも続けて鑑賞。人民寺院のアレ。こっちはカルトな宗教団体が集団自殺します。
POV形式の作品なんですが、POVでも上手い人が撮ると、こんだけ見やすく作れるものなんだなあ。

===========

ところで、カタリベの三話が公開されましたよっという告知も流します。
ほとんど誰もみていないブログなので、意味があるのかわかりませんが。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

佐々木バレット

Author:佐々木バレット
佐々木バレットと申します。舟名義で活動することも。
しばらくお休みしていましたが、マンガ活動再開しています。

現在、主にコミックMateで活動中。
またコミックウォーカー上で、舟名義でホラー漫画「カタリベ」の漫画も担当しています。

HPはこちらになります。
You Look'in 華々しき Rock'n Roll WOW!
また、拙著『おさなブライド』は、現在電子書籍版がDMMなどで配信されています。

ご連絡いただく際には、下記あて先の「$」を「@」に置き換えたメールアドレスにお願いいたします。
sasakibullet$mail.goo.ne.jp

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR