FC2ブログ

黒沢清の「叫」を見て、おもしろかったなあと。
「マイマイ新子」を見る前に、この映画を見ていたら、新子も今とは、がらっと違う感想だったんだろうなあ。
全部なかったことにいくらしたくても、あったことは厳然としてあったことで、絶対になかったことには出来ない、という悔恨苦悩苦痛取り戻せない恐怖は、歳をとるとともに重さを増していきます。
もう、黒歴史としてマウンテンサイクルに封印したままにさせてくれよ。「恐ろしい」でも「ショッキング」でもなく、「オレのせいなのか…もう勘弁してくれ…」という気分が出てくる恐怖映画も珍しい。ろくでなしに育った医者の息子のエピソードなんかは、「Let's go 無間地獄」という電気グルーヴの捨て鉢な皮肉たっぷりの楽曲を思い出す。
強烈な恐怖・感動はなかったものの、エンドロールの楽曲もあいまって鑑賞後の気分は、ひどく物悲しく後を引く作品でした。
作業しながらもっかい流し見してみようかな。
生命の進化の系統の中、現在には続かずに途中で途絶えてしまった、カンブリア爆発以前のもうひとつの生命の根、エディアカラ生物群のことが、僕は学生の頃からずっとずっと気になってます。だからみんな死んでください。

lainとちょっと因縁があるらしい「回路」を理解したくて、ここのところ、黒沢清の映画をまとめてみてみています。
抽象的なテーマの作品が多くてわからんものはさっぱりわからないのですが、ツボに入った作品は、何度でも噛み締めたくなる。「回路」は何回みても、まだ、どうにもしっくり入ってこない。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは。
黒沢清監督の映画ですが、ホラーではないんですが『アカルイミライ』という映画が個人的に面白いなと思いました。その映画が好きで黒沢監督の映画をもっと観たいのですがホラーが苦手なのであまり観れないというジレンマです…。『叫』も気になります。

同人誌完売おめでとうございます!無精でまだ原作の方が観れていないのですが、それでもあの本はとても魅力的でした。

No title

 >けんほうさん
こんばんは。レンタル屋で漁ってる最中ですけど、「アカルイミライ」はまだ見てないんで、楽しみです。あと、「トウキョウソナタ」もはやめに見たいですね。あるラジオで紹介されていた時の感想で「ホラー映画ではないのに、『自分にはなにもない』ということを思い知らされ、これ以上なくホラーでした」というものがあって、「ああ、らしいな」と。面白いものとさっぱりわからないものがずばっとわかれますね、この方の作品は。これまで見た中では、「CURE」がべらぼうに面白かったです。「ドッペルゲンガー」はつまらなくて「LOFT」「回路」は、「ん?ん????」というものです。消化できないというか。なんにしろ、まだ見てない作品があるので、楽しみです。「seventh Code」は、CDの特典DVDでしか見れないんですかねえ。

>同人誌完売おめでとうございます!
ありがとうございます。まあ、100部程度なんで、コミケなんかにいけば、1日であっさり売り切れる程度の部数ですが、そういっていただけると嬉しいです。
プロフィール

佐々木バレット

Author:佐々木バレット
佐々木バレットと申します。舟名義で活動することも。
しばらくお休みしていましたが、マンガ活動再開しています。

現在、主にコミックMateで活動中。
またコミックウォーカー上で、舟名義でホラー漫画「カタリベ」の漫画も担当しています。

HPはこちらになります。
You Look'in 華々しき Rock'n Roll WOW!
また、拙著『おさなブライド』は、現在電子書籍版がDMMなどで配信されています。

ご連絡いただく際には、下記あて先の「$」を「@」に置き換えたメールアドレスにお願いいたします。
sasakibullet$mail.goo.ne.jp

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR