FC2ブログ

厭離穢土、厭離浄土 ゆめでくらしたいよな

かぐや姫の物語見てきました。
パンフに書かれてる「地球肯定の物語です」って、これ、表向きのカモフラージュだよなー。
嘘ではない、嘘ではないけどね…って。もう一、二回転ありますよね。
あと、この映画にどうしてもアリーテ姫やマイマイ新子の影を見てしまうのは、たぶん両作品が好きな私の贔屓目。

「女性受けしそうな内容」って声をちらほら聞いたりしますが、男だとか女だとか考える内容でしたかね?
僕は、どろぼうにまで身を落としていたはずの捨丸が、姫と再会した時にはそれなりに幸福そうな生活を送っていたことが「この世のどうしようもなさ・取り返しのつかなさを描くには、この境遇は少々手ぬるいんじゃないか」と不満だったんですが、もしかすると女性にとっては、再会した捨丸がボロ雑巾のようになって野垂れ死にしているよりも、すでに結婚していて子持ちであることの方が、残酷と受け止めるのかもしれません。

めちゃくちゃ上品で非情な映画でした。
イヤボーンって、こんなころからあったんだ。一度見ただけですが、多分、まだこの映画きちんと読めてないわ。

追記:色んな人の感想見たら、「映画の中で姫は二度も死んでるのに、月がそれをリセットしている」というのを見ました。生きているのがいやで、なのに自殺も出来ない人の描写も汲み上げてるのかな。
プロフィール

佐々木バレット

Author:佐々木バレット
佐々木バレットと申します。舟名義で活動することも。
しばらくお休みしていましたが、マンガ活動再開しています。

現在、主にコミックMateで活動中。
またコミックウォーカー上で、舟名義でホラー漫画「カタリベ」の漫画も担当しています。

HPはこちらになります。
You Look'in 華々しき Rock'n Roll WOW!
また、拙著『おさなブライド』は、現在電子書籍版がDMMなどで配信されています。

ご連絡いただく際には、下記あて先の「$」を「@」に置き換えたメールアドレスにお願いいたします。
sasakibullet$mail.goo.ne.jp

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR