FC2ブログ

【告知】コミックMateLでのお仕事のお知らせ

本日25日発売のコミックMate L Vol.14に拙作掲載していただいています。

himitsu_kokuchi

昔、深夜の馬鹿力で自ギャグの詩スペシャルに矢部みほがゲストで出演した際、女子なのに中学の頃に好きな男子の笛を舐めていたとか、毎朝その男子の家を見るために早朝から走っていたとか、へっぽこなエピソードを自分から暴露して俺らからの株が爆上がりしたことがありましたが、その時の印象を膨らませて作ってみました。
あとポニテ描きたかった。

葛城事件

前から見たいと思っていましたが、ようやく見れました。
この親父、うちの父親にそっくりですわ。そのまんま。

イゴールに関する疑問

ユニバーサルの映画版第一作に出てきたせむしの助手の名前はフリッツ。
原作には登場せず、その名を持った人物が出てくる映画「フランケンシュタインの復活」においても、フランケンシュタインと何か関係があったと語られたわけでもない。
なのに、パロディ作品のヤング・フランケンシュタインの時点で、その俗説が下敷きになったネタが作られている。
「イゴール」と言う名前の人物が、ヴィクター・フランケンシュタインの助手にいたという通俗的な認識は、どこから来たんだろうか。
よくわからない。

アリーテ

arete001



アリーテ姫。
先日、京都みなみ会館で、ホームズから四話、アリーテ姫、マイマイ新子の3作をオールナイトで観ました。
劇場公開が2001年なので、アリーテ姫を劇場で見るのは、16年ぶりになるでしょうか。
…まさか、何度となくDVDで見ているこの作品で、今更、新しい読み方をみつけてはっとさせられるとは。
演出の仕方にも発見があり、やはりスクリーンでの観賞は作品への没入深度がちがうのだなあ。
ボックスの作るものは、実は彼自身が卑下するほど、愚にもつかないくだらないものではないのではないか。
プロフィール

佐々木バレット

Author:佐々木バレット
佐々木バレットと申します。舟名義で活動することも。
しばらくお休みしていましたが、マンガ活動再開しています。

現在、主にコミックMateで活動中。
またコミックウォーカー上で、舟名義でホラー漫画「カタリベ」の漫画も担当しています。

HPはこちらになります。
You Look'in 華々しき Rock'n Roll WOW!
また、拙著『おさなブライド』は、現在電子書籍版がDMMなどで配信されています。

ご連絡いただく際には、下記あて先の「$」を「@」に置き換えたメールアドレスにお願いいたします。
sasakibullet$mail.goo.ne.jp

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR