FC2ブログ

映画版うずまき

伊藤潤二の『うずまき』を原作に映画化した「うずまき」をレンタルしてきて見ました。
2000年公開だそうで。原作は未読です。
「富江」なんかは伊藤潤二色が脱臭されて、奇妙で不気味だけどきれいな百合映画に仕上がっていたりしましたが…

ぶえ~~~~っ、これ、気持ちわるいよぉ~~~~~っ。(注:誉めてます)

「わっ!びっくりした?」
冒頭のこれだけで、もう気持ち悪い。近づいてくんな、顔も口調も気持ち悪いんだよ!
もう徹底して気持ち悪い。
それも、おばけが出るから奇妙なことが起こるから気持ち悪いんじゃなく(起こりはするんですが)、普通の事…学校生活やかっこいい幼馴染みとの恋愛や二人乗りを注意するおまわりさんや…が普通にいるだけで、もう気持ち悪い。

変な棒読み。
変なライティング。変なカメラアングル。変なキャスティング。
変な色彩。
全体的に水っぽい雰囲気。

もう、感性の平衡感覚が変になる。全部計算づくでやってて、この吸い込まれていくような違和感。あ~気持ち悪い。
「気持ち悪いのが気持ちいい」じゃなくて「気持ち悪いのが、本当に気持ち悪い」のです。

「わっ!びっくりした?」
お前たびたびでてくんなよ!ストーカーみたいなの!洗濯機に自らつまって自殺しちゃうおじさんより、かたつむり人間より、お前の顔と笑い方が一番気持ち悪いんだよ!変なぐるぐる回るカメラもやめてくれよぉ。

「映像化作品の中では、伊藤潤二色が一番強い」ときいて富江シリーズともども借りてきたんですが…これはその…なんだろう?なんだろう??? 気が変になりそうだ。もっかい書きますが、おばけが出るから超自然現象が起こるからサイコさんがいるから、そんな理由で気持ち悪いのではなく、なんかこう……ただただ、気持ち悪い!
空気を!常識世界の空気を吸わせてくれ!!!!

たしかに、伊藤潤二作品の、笑っていいのか怖がっていいのかわからないショックシーンと、その奥にあるどろどろねちょねちょしたものの再現度は相当高いかもしれない。
プラス、これだけ粘度の高い、臭そうな常識(…?)融解感、狂ったアトモスフィアは、映画独自のものでしょうか。

ああ、気持ち悪い気持ち悪い。ほんと気持ち悪い。何回書いても気持ち悪い。
これを原作未読はだめだなあ。だめだなあ。


「わっ!びっくりした?」

だ・か・ら!
お前が!お前が一番気持ち悪いんだよ!!!近づくな!!!
にどとくんな!!!!

おれ、この言葉にはこだわってて、定義にうるさいから、「狂ってる」とか「きちがい」って言葉、なかなか使わないのよ?
この映画は狂ってる。

【告知】C88でちょっとだけ寄稿させてもらったので宣伝!

「出来ればブログで宣伝しといてねー」と言われていたので宣伝!
いつも遊んでいただいているあぼんり屋さんがC88で出される新刊に、1ページだけですが、寄稿させていただきました。
よつばと!本!
詳細はあぼんり屋さんのブログでどうぞ。

あたしはこんな感じのものを描いていますよっと。
C88senden

プロフィール

佐々木バレット

Author:佐々木バレット
佐々木バレットと申します。舟名義で活動することも。
しばらくお休みしていましたが、マンガ活動再開しています。

現在、主にコミックMateで活動中。
またコミックウォーカー上で、舟名義でホラー漫画「カタリベ」の漫画も担当しています。

HPはこちらになります。
You Look'in 華々しき Rock'n Roll WOW!
また、拙著『おさなブライド』は、現在電子書籍版がDMMなどで配信されています。

ご連絡いただく際には、下記あて先の「$」を「@」に置き換えたメールアドレスにお願いいたします。
sasakibullet$mail.goo.ne.jp

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR