FC2ブログ

夢と狂気と王国

以前友人にすすめられたジブリのドキュメンタリー映画「夢と狂気の王国」を見ました。
ドキュメンタリーは、フィルターのかからない事実を映している、ようにみせかけながら、多かれ少なかれ撮り手の主張は入れてくるもんですが、見ようによっては、かなり意地の悪い見方でとってるなあこれ。

「夢」「狂気」「王国」とキャッチーな言葉が三つも並んだタイトルですが、この中でどれが一番この映画にとって大切かというと、たぶん「王国」ですよね。で、撮りたいのが何かって言うと滅びの美というか、「ジブリ王国の晩秋」に見えたりするんですが…ええ、ジブリ崩壊を見越してるの前提でしか出てこない視点ですなあ、これは。
ラストの、宮崎駿が幼稚園児を見守るカットって、「国王・駿おじいちゃんは、死んだんじゃないんじゃ。トトロになって、子供たちを今も見守っているんじゃよ」…そういう意味あいの絵がほしくて、やってもらってますよね…。

「宮崎駿というアニメのお化けが映って、動いて、しゃべってる」というだけで、たいていのジブリドキュメンタリーは面白くなってしまうもので(富野監督なんかも、「映ってる」「しゃべってる」それだけで面白い類の映像になってしまう人ですね)、その基準では十分面白いし、ちょっとだけでてくるご子息・吾郎さんのイライラ感や、時折話に出てくるだけで「あんまり画面には写らないけど、この人が多分一番人としてぶっこわれてる」と思わせられる高畑勲の存在感も面白いんですが、自分にはこの作品は、作り手のフィルターが少し強すぎたかなあ。
「老王のキャラクターをこう撮りたいってのはわかった、けど、もっとアニメ作ってるとこ見せてくれ、絵が上手い人が絵を描いてるまさにその時の手元の動かし方をもっと見せてくれ」と、自分の絵の技術と魅力のなさにうんざりしている自分は思ってしまいました。期待してるとこが違うんでしょうが。

ここ何年かで見たドキュメンタリーの中では「精神(メンタル)」「犬と猫と人間と」「いのちのたべかた」なんかが面白かったです。これらも当然ある程度作り手の手の内で作られてる部分は作られてるんでしょうが(特に「いのちのたべかた」は)、最期のところの判断は、客に投げてくれてる気がするんだよなあ。「アンヴィル」は…すげー面白いけど、あれどこまでドキュメンタリーとしてみていいんだろ。メタルの観客の律儀さが、ちょっとわからないので、そういう感想になります。でも比較されがちな「レスラー」の自殺エンドよりは好き。

==================
あ、ジブリといえば、「千と千尋の神隠し」のBD買いました。ストーリーとかはどうでもいいんだよ!僕にとっては、くっそかわいい千尋ちゃんのくっそかわいいイメージビデオなんだから!
で、多分今度でる「かぐや姫のものがたり」のBDも多分買います。こっちは、生きてるのが今よりもよりいっそうイヤになるために買うんだと思います。でも、プルとなぎさとほのかのフィギュアも欲しいんで、金がまわらねえ。

==================
もう全部うっちゃってしまおうかな。
体を通じたものを得ないと、僕の創作はこれ以上変わらない。お遍路いきたい。

メモ



・依存症に陥る人とそうでない人、何が違うか?
「実は、依存症になっていしまう人よりも、依存に陥らない人の方が、依存できる対象が多い」
軽い揶揄からトンカチみたいな暴言まで、依存だ、共依存だと、ネットだと言葉ッ尻だけ振り回して責めたられることが多い依存だけれど、そういうメカニズムでもとらえられるのか。

れんし

■ペンいれの練習用に、青い花落書き。
まだ下書き段階なので、今日中には線を入れてみます。
aoihana01.jpg
心地いい綺麗なペン線って、どうやったら、描けるようになるんだろう。永遠にわからない気がする。

:追記
描きました。結局次の日になってしまった。
何を参考にしても、同じ線しかかけないなあ…。
ついで。カラー。
aoihana01-c.jpg
汚いなあ。なんで志村貴子は、ああ美しく水彩かけるんだろう。


■持ち込み原稿の下書がようやく終わりました。
応募しようと思っていた新人賞の締め切りが9月30日。あと16日。
98ページ。一日6ページのペースでペン入れ~仕上げまで。
…まさかの坂が越えられないです。

続きを読む

黒沢清の「叫」を見て、おもしろかったなあと。
「マイマイ新子」を見る前に、この映画を見ていたら、新子も今とは、がらっと違う感想だったんだろうなあ。
全部なかったことにいくらしたくても、あったことは厳然としてあったことで、絶対になかったことには出来ない、という悔恨苦悩苦痛取り戻せない恐怖は、歳をとるとともに重さを増していきます。
もう、黒歴史としてマウンテンサイクルに封印したままにさせてくれよ。「恐ろしい」でも「ショッキング」でもなく、「オレのせいなのか…もう勘弁してくれ…」という気分が出てくる恐怖映画も珍しい。ろくでなしに育った医者の息子のエピソードなんかは、「Let's go 無間地獄」という電気グルーヴの捨て鉢な皮肉たっぷりの楽曲を思い出す。
強烈な恐怖・感動はなかったものの、エンドロールの楽曲もあいまって鑑賞後の気分は、ひどく物悲しく後を引く作品でした。
作業しながらもっかい流し見してみようかな。
生命の進化の系統の中、現在には続かずに途中で途絶えてしまった、カンブリア爆発以前のもうひとつの生命の根、エディアカラ生物群のことが、僕は学生の頃からずっとずっと気になってます。だからみんな死んでください。

lainとちょっと因縁があるらしい「回路」を理解したくて、ここのところ、黒沢清の映画をまとめてみてみています。
抽象的なテーマの作品が多くてわからんものはさっぱりわからないのですが、ツボに入った作品は、何度でも噛み締めたくなる。「回路」は何回みても、まだ、どうにもしっくり入ってこない。
プロフィール

佐々木バレット

Author:佐々木バレット
佐々木バレットと申します。舟名義で活動することも。
しばらくお休みしていましたが、マンガ活動再開しています。

現在、主にコミックMateで活動中。
またコミックウォーカー上で、舟名義でホラー漫画「カタリベ」の漫画も担当しています。

HPはこちらになります。
You Look'in 華々しき Rock'n Roll WOW!
また、拙著『おさなブライド』は、現在電子書籍版がDMMなどで配信されています。

ご連絡いただく際には、下記あて先の「$」を「@」に置き換えたメールアドレスにお願いいたします。
sasakibullet$mail.goo.ne.jp

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR