FC2ブログ

桐島、部活やめるってよ

先日、某氏と何年かぶりに出会った時に、少しだけ話題にあがった「桐島、部活やめるってよ」を見てみて、65パーセントくらいドキュメンタリータッチにして、学校と世界の断片をとろうとしたガス・ヴァン・サントの「エレファント」(映画は大してみないんですけどね、なんかこの映画好きなんスよ)を、もっと構造的にシナリオ整えたみてーな映画だなーと、冒頭の長回しと、細かい自然なセリフのやりとりでごくナチュラルにがっちり存在する覆しようの無い「この世の仕組み・冷たい方程式」を表現していく様子を見ながら思っていたのですが、そんなディストピアとしての学校生活の中で、映画部の活動風景だけがまるっきり青春映画のように美しいのは、なんの意図なんスかねえ。
一見、ヒエラルキー最下層に見える映画部のみが、実は、特権的にファンタジーなんですよねえ。

失恋すら、映画のように美しい。

思うようにいかない世界の不条理さがひたすら描かれる中で、この明確にわざとな、「だめだめな連中が、汗まみれで、一つのものを作り上げていく」というプロットのべったべたな青春映画的手触りの作り物の美しさ。あの作り物の美しさが、この映画を見やすく面白くしているのは確かだけど、もっと別の意図もあんじゃないのかなあ。映画部が作中で作った前作もラブロマンスだったらしいし、だいたい現実で考えたら、映画部の部員数、多すぎない?
この映画で唯一の決め台詞らしい決め台詞、「それでも、この世界で戦っていかなきゃならないんだ」云々が、現実の内部からではなく、映画世界という向こう側からだから、あっち側のフィクションからだから、現実っつーこっち側に訴えかけられる力を得られる鼓舞の声であり、この、現実では薄っぺらいうそ臭さしか感じられない、言葉にすればやすっぽすぎるエールを成立させるために、映画部は徹頭徹尾、ドキュメンタリー調のあの映画の中で異質に、足を片ッぽフィクションにつっこんだ存在でなければならなかった、ということなんだろうか。
現実に対して、映画はなんか言うことができる、ってことを証明したかったのかねえ。

そんで、あの神木隆之介が演じてる映画部部長から主人公補正、映画的補正を剥ぎ取った存在が、ラストのラストで野球部のキャプテンの口から吐露された、ショボさ・怨念・未練・その汚い美しさだよなあ…。などと。
あのキャラすげー重要だったんだなあと最後の最後でわかるのが、憎い。

あと、映画部副部長いいやつ。ほんといいやつ。「いつまでも友達でいよう」コーナーに出てきていいくらいいいやつ。ああいうやつがすぐ隣にいるってことが、映画部がフィクションであることの証左でもあるのだけど。あんな自分に都合がいいだけの人間、現実には、いません。嘘の塊。
ああいう友人が学生時代にいれば、僕はもう少しだけ、良い今にいたかもしれない。ifなんかこの世にないし、きっとその可能性を自分自身の手で拒絶していたのだけれど。
もじゃもじゃは殴る。

この数年、ほぼなにも映画を見ずドラマを見ず本を読まず外に出ず、ひたすら絵だけ描いてきた結果、なにひとつ手の中に残らなかった後、という今のこの時期に見た、この、二年前に公開された映画は、ちょっとブログに感想書いちゃうくらいには、面白かったです。葛藤と不安と空虚と同調圧力の映画だったな。孤独はなかった。この映画を見た後、映画の感想よりも自分が登場人物の中のどのタイプだったかを語り合うのが、よくあることのようですが、この映画の中に、私はいませんでしたね。昼休みに、便所でメシ食って、ナディアをバックから犯す妄想でオナニーして、あとは寝てるやつ、映画に出てこなかったもん。

なんか、中島みゆきの「Tell me sister」も思い出しました。
「私にないすべてを持って、『なにもない』と未来を見てた」という、実在するのかもわからないパーフェクトな彼女と桐島はかぶる。

今、濡れた障子紙みたいにぺらぺらの希望を投げかけられて、どうやってすがればいいのか。
「夢と狂気の王国」もそのうち見るよ。

ですぺらのやつ

こないだのの完成版。

despera01.jpg



despera01-b.jpg

エビの頭を乳首につけて、キングギドラを名乗る人。

ですぺら(ロマンアルバム)ですぺら(ロマンアルバム)
(2011/04/28)
小中 千昭、安倍 吉俊 他

商品詳細を見る

自ら吐くまでには至らないものの、物を食べて、腹の中になにかが入っている感覚に、罪悪感を覚えるようになってるのは、なんなんだこれ。

あぃn

ですぺら。
もうちょいちゃんと仕上げます。
近日中。
despera01.jpg

山崎ハコ

たまたま山崎ハコの「呪い」が動画サイトでヒットしたので、聞いていました。
…十数年前に、コサキンの「意味ねえCD大作戦」のサンプリングとして聞いていたときは、「なんだよこれwwww」と爆笑できてたんですけどね。

今あらためて聞くと、胸が苦しくなる。
恨まれるほうばかりではなくねぇ。
人を恨んでしまう心の、自分で自分の、汚れないはずだった部分を握りつぶす苦痛よ。

落書き続き

こないだのを仕上げてみました。
org02-b.jpg
「ほどほどに上手くかけるように」が目的なのに、必死で自分の中の最高レベルで上手く描こうとしてて、目的がズレてます。うーん…。
…とはいえ、誰のを真似ようとしても、結局は一種類の絵しか描けてない気もするなあ。「工夫しても無駄」と開き直ったほうがいいかもしれない。
ええ、頑張ったのに「思い出のマーニー」のポスターとか、「乙嫁語り」「ジゼル・アラン」とか、真似ようとした形跡が、ろくに見えないですしねえ…「ジゼル・アラン」のブラウスの描き方が上手なんだ、これが。どうやればこういう皺がペン画でかけるのかな。

にしても、「思い出のマーニー」のポスターは、金髪好きにはぐっとくる可愛さです。どういう映画になってるのかは、わかりませんが。「アリエッティ」も見てないので、百合っぽいらしいという事以外、先入観ゼロの状態です。
でも、ジブリの前作にして、個人的に「火垂るの墓」より鬼畜残酷無惨無残だと思ってる完成度のおばけ「かぐや姫の物語」と比較されるのを避けられないのは、ちょっと気の毒だなあ。

白黒+トーンでの見せ方の練習が目的でしたが、せっかくなので塗る。
org02-c.jpg

なんか、七つの海のティコのシェリルみたいになった。

落書き

org02.jpg
落書きとはいえ、だめな構図で、だめな細部だなあ。
もう私はエロ漫画家ではなくなってしまったので、エロ漫画の描き方から離れた絵、絵単体の力ではなく、物語の雰囲気を増幅させるための絵、そんでこれが一番重要なところですが、この下手下手&下手の自分でも「描ける」絵、を探しているのですが、見つかりません。

その他。
持ち込んでみるための作品のコンテがとにもかくにもできあがって、スキャンしてみましたが、98ページってなんだよ。少なくなるよう、3回描きなおしたんだぞ。なのに、なんで増えてるんだ。
制作時間的にも、掲載誌側の都合を考慮しても、全然現実的な量じゃない。9月末までに出来るか、こんなの。
この世の中と僕は、決定的に相性がずれている。そういうことだな。
もうよろしい。完成させたら、僕はこれと心中する。僕の最期は、カフカの「断食芸人」のように、世間からずれたものを捨てられずに、世間に捨てられてくたばって終わりだ。ヒョウでも見ていればいい。

そういう気分です。
……いかん、薬を切らせているせいか、こんな考えばかり湧いて出てくる。
プロフィール

佐々木バレット

Author:佐々木バレット
佐々木バレットと申します。舟名義で活動することも。
しばらくお休みしていましたが、マンガ活動再開しています。

現在、主にコミックMateで活動中。
またコミックウォーカー上で、舟名義でホラー漫画「カタリベ」の漫画も担当しています。

HPはこちらになります。
You Look'in 華々しき Rock'n Roll WOW!
また、拙著『おさなブライド』は、現在電子書籍版がDMMなどで配信されています。

ご連絡いただく際には、下記あて先の「$」を「@」に置き換えたメールアドレスにお願いいたします。
sasakibullet$mail.goo.ne.jp

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR