FC2ブログ

ラクガキ

org08-2


地獄少女ラクガキ

閻魔あい。
地獄少女宵伽の3話がなんかえらい内容だったので。
多少の作画の崩れなんかふっとぶよ、あそこまで突き抜けると…。

地獄少女はなんとなくつまみぐいしてきただけでしたが、この四期の話、1・2・3話と全部濃いし、全部ぐっちゃぐっちゃですげえなあ。

jigoku-syojo01

ついでに絵的に似た雰囲気のlain。過去作ですが、もっかい。
lain02-2

もう一つ、似た雰囲気の過去作。神霊狩の都。
これも現実と妄想、科学とオカルトの境界線はどこかみたいな衒学的な話と、青春アドベンチャーかよと言いたくなる中坊たちの青い冒険譚をまぜた変わったアニメでした。
shin-rei-gari01

水着の子と

完成。
org07
色彩感覚に自信ないです、自分。

【告知】カタリベ

間が開いてしまいましたが、カタリベ更新されましたので、告知です。
kataribe_kokuchi011
ちょっとこじんまりとし過ぎたかな?とも思いますが、でも、雨の日にはよく起こる…というのは、実際によく聞く話です。

============
余談ですが、配信のチェックのためにコミックウォーカーにアクセスがてら、どんなマンガが配信されているか見ていたんですが、
おへんろだ、おへんろがある!

アニメ好きだったんですよ。
あ、最新話に牛鬼が出ておる。

マンガで解説されているとおり、牛鬼という名前のみ共通であるものの、「これ完全に別の妖怪だろ」というバリエーションがたくさんいるんでしょう、マンガ日本昔ばなしではノコギリが怖い山の怪であったり、鬼太郎では牛鬼を殺したものが次の牛鬼に変貌する蜘蛛みたいな妖怪だったり。

ちゃんと調べてみたことはありませんが、があたろや水虎など水に関する妖怪が、大雑把に「河童」とい名前でまとめられたのと同じく、もともとバラバラの伝承であったものに、何かの理由で、共通の「牛鬼」という名前がつけられている…というようなものなんでしょうか。

私が最近見かけた牛鬼は、『異説まちまち』という18世紀の文献のもので、雨が降り続いて湿り気が多いときに橋に出る、白く光る蝶の群れのようなものでした。

もうむちゃくちゃ。

らくらく

ガキガキ。ラフ。
org07_rough2



==========

メアリと魔女の花をみにいった時に、散歩する侵略者の前売り券買ってきました。
楽しみ。
プロフィール

佐々木バレット

Author:佐々木バレット
佐々木バレットと申します。舟名義で活動することも。
しばらくお休みしていましたが、マンガ活動再開しています。

現在、主にコミックMateで活動中。
またコミックウォーカー上で、舟名義でホラー漫画「カタリベ」の漫画も担当しています。

HPはこちらになります。
You Look'in 華々しき Rock'n Roll WOW!
また、拙著『おさなブライド』は、現在電子書籍版がDMMなどで配信されています。

ご連絡いただく際には、下記あて先の「$」を「@」に置き換えたメールアドレスにお願いいたします。
sasakibullet$mail.goo.ne.jp

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR